Top > 高齢者の運転について > 高齢者の運転について

高齢者の運転について

昨年より、数多くのニュースで扱われていた「高齢ドライバーの事故」について、私自身も70代の親を持つ身として感心がありました。特に、他方で生活している身としては自動車は移動手段の要。メヂィアで叫ばれている「運転免許証の返納」には賛同し難いのが現実です。実際に、運転している際に危険だなと感じる時は多々ありますが、その際運転している人がお年寄りである事が分かると「ああ、やっぱり」と感じてしまいます。高齢者の事故には、二つの事例に分類しなければいけないのではないかと思っています。ひとつは、運転中の交通違反運転や制限速度について行けないドライバーと駐車、停車する際に発生するアクセルとブレーキの踏み間違い事故。 以前より、アクセルとブレーキの踏み間違いについては、「マニュアル車」に乗れないドライバーは免許返納とすれば良いのではないかと思っています。認知症、その他にも関連する事で、二つ以上の作業を同時にできないドライバーは危険と判断すべきでは無いかと思っています。自治体の対応としても、「無料バス」以外にも返納者に対しては市が運営する「無料タクシー」の無制限使用等で対応すれば返納者に嬉しいたいおうになり返納者も大幅に増えるのではないかと思っています。

千葉老人ホーム

高齢者の運転について

関連エントリー
高齢者の運転について