Top > 健康 > 理想的な葉酸の摂取量とは?

理想的な葉酸の摂取量とは?

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。それは吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。

 

妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。

 

ですが、それでかえって良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。

 

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。サプリであれば、一日の摂取量がすぐに分かりますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には良いですよね。

 

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

 

また、葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリを選ぶ際のポイントとしては、葉酸以外の栄養素が25種類前後入っているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。

 

妊娠しやすい体になるために、妊娠を希望している方は、今から飲んでおくと安心です。葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

 

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

 

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントで葉酸を補給するのも賢い方法だと言えます。

 

海乳exは楽天が一番安いの?それとも公式サイト?

 

健康

関連エントリー
理想的な葉酸の摂取量とは?